4

世界遺産人気ランキングトップのマチュピチュ


海外の世界遺産は海外旅行の訪問地として人気の高いスポットの一つです。
その世界遺産の中でも日本人の行ってみたい世界遺産の旅行先の人気ランキングのトップとなっているのがペルーにあるマチュピチュの歴史保護区です。

マチュピチュは行ってみたい旅行先の人気ランキングトップとなるだけのことはあり、毎年多くの日本人が訪れています。しかし、日本からマチュピチュまでの行程はかなりの時間と体力を要します。

まず、日本からペルーに行くのに、少なくとも飛行機で乗り継ぎが1回は必要で、時間にして片道20時間以上のフライトとなります。乗り継ぎ地は北米の各都市が一般的ですが、最近ではドバイ経由というルートもあります。

そしてペルーにたどり着いた後に注意が必要な点が、高山病対策です。マチュピチュ自体が天空都市と言われるように、標高2400メートルを超える高地に位置しますが、それ以上に、マチュピチュに行くための起点となるクスコという町が、標高3400メートルの高地にあるためです。
逆にクスコで高地に体が慣れれば、マチュピチュに着いた際は高地対策を特別意識する必要はありません。
クスコからマチュピチュへは電車か徒歩でしか行くことはできません。車が通れる道路はないのです。
観光電車が走っていますので景色を見ながら電車で行くことが一般的ですが、古代インカの山道を歩いてマチュピチュへ向かうというルートも時間があり、山歩きの体力に自信のある人には人気です。